つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > 低身長だけど大きいサイズがほしい人に最適なパジャマ3選

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

低身長だけど大きいサイズがほしい人に最適なパジャマ3選

背は低いけど、バストが大きい、ぽっこりお腹が出ている。いわゆる「チビデブ体型」と言われる日本人にはかなり多い体型にも関わらず、市販のパジャマのほとんどはサイズが大きくなるごとに丈も長くなります。そして、バストやウエストにあわせてパジャマを買うと、いつも袖丈やズボン丈が長い…。今回はそんなお悩みを解決してしまうパジャマをご紹介します。

 

 

1.袖丈やズボン丈を調整できるパジャマ

大きいサイズを選んで、丈を短くしましょう

オーダーメイドパジャマ専門店「つくるパジャマ」では、どのパジャマもXS~5Lまでご用意しています。バストやウエストに合わせて、2L、3L、4Lなど大きなサイズのパジャマを選んでください。そして、ご自分の袖丈や着丈、股下などに合わせて、丈を最大で10cm短くできます。

2. ズボンサイズを変更できるパジャマ

上着はM、ズボンはL。ぽっこりお腹さんに対応

中年男性であればビール腹。もしくは腹水などの病気でお腹だけがぽっこり出ている。「つくるパジャマ」では上着とズボンのサイズをそれぞれ選べるので、上着はM、ズボンはLなどにして、ぽっこりお腹さんに対応できます。また、ウエストに紐を入れることも可能です。

3. ストレッチ性のあるパジャマ

綿100%の天竺ニットや、スムースニット

体重が重かったり、体が大きい方はパジャマの生地への負担も大きくなりがちなため、伸縮性のあるニットの生地の方がおすすめです。また、寝返りをうつ際もストレッチ性がある方が楽で快適です。ガーゼやサテンなどを選ばれる際は、少し余裕をもった大きめのサイズを選ぶことで、寝返りなどでパジャマが引っ張られても、生地への負担が軽減されます。

 

4.まとめ

大きいパジャマの丈を短くできる「つくるパジャマ」が強い味方!

必ず事前にサイズ表をみて、まずはバストやウエストに合わせて、自分はLなのか、2Lなのか確認しましょう。袖丈や着丈、ズボン丈を短くする場合は、お手元の自分に合ったサイズのパジャマやシャツを採寸し、サイズ表と照らし合わせることをおすすめします。分かりづらい場合はお店に直接お電話してみましょう。お気軽に相談して自分にぴったりのパジャマをつくりましょう

関連記事はこちら