つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > 入院用パジャマの選び方とおすすめパジャマ

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

入院用パジャマの選び方とおすすめパジャマ

急な入院でパジャマを用意しなくちゃいけない!でもどんなパジャマを買えばいいの?デザインは?素材は?
今回はそんな方に入院用のパジャマ選びのポイントとおすすめのパジャマをご紹介します。

前開きのパジャマを選びましょう

管を通しやすく、介抱してもらいやすい

手術を伴う入院の場合は、管(ドレーンチューブ)を付けることが多いので、前開き(まえあき)パジャマがおすすめです。

それ以外にも診察の際、聴診器を当てたりするとき、また自分でパジャマを着脱できず、他人に介護、介抱してもらう場合にも前開きが便利です。

病院からの持ち物リストには前開きパジャマと記載されている場合も少なくありません。

術後、できるだけ体をしめつけるものは避け、ゆったり過ごせるよう、特にウェスト部分のゆとりあるデザインとサイズ感のものを選びたいですね。

つくるパジャマでは、ズボンウエストの調整も可能です。
>詳しくはこちらから

 

上下で分かれているパジャマを選びましょう

管を通しやすく、処置に便利です

こちらも前述同様、ずばり!管を付けるときに便利だからです。

ワンピースタイプの場合、管の処置などにも不便で、着脱を手伝ってもらうときもやはり上下で分かれているものが便利です。

また、長い入院生活になったとき、上下で分かれていると洗濯も上だけ、下だけと柔軟に対応できます。

つくるパジャマではパジャマの上着だけ、ズボンだけの販売も可能です。

レディースパジャマ上着のみはこちら

やわらか天竺ニットレディースパジャマ上着単品・長袖/前開き/襟なし

コットンムースレディースパジャマ上着単品・長袖/前開き/襟あり

メンズパジャマ上着のみはこちら

ニットメンズパジャマ上着単品・長袖/前開き/襟なし

コットンムースメンズパジャマ上着単品・長袖/前開き/襟あり

レディースパジャマズボンのみはこちら

やわらか天竺ニットレディースパジャマズボン単品

コットンムースレディースパジャマズボン単品

メンズパジャマズボンのみはこちら

やわらか天竺ニットメンズパジャマズボン単品

コットンムースメンズパジャマズボン単品

婦人科、産婦人科の入院などの場合は、ワンピースタイプのパジャマを指定される場合もあります

レディースワンピースはこちら

ふわふわ柔らかダブルガーゼレディースワンピース

メンズワンピース(スリーパー)はこちら

ふわふわ柔らかダブルガーゼメンズスリーパー

やわらか天竺ニットメンズスリーパー

替えのパジャマがあると安心

入院日数にもよりますが、替えのパジャマは2枚ほどあると安心です。

上着、ズボンを単品で買えるのは大変便利ですよね。

 

袖口はめくりやすい伸縮性のあるパジャマがおすすめ

腕をまくりやすく、伸縮性のあるもの

入院中は注射、点滴、血圧測定など、腕をまくることが多いため、袖口はめくりやすいパジャマを選びましょう。

袖口がしぼられているものだとめくりにくいのでNGです。
(著者が入院した病院からは手首にゴムが入っていないものを持参するよう指示がありました。)

また、Tシャツなどに使われるような伸縮性のあるニットパジャマがおすすめです。

伸縮性のないガーゼパジャマなどはゆとりのあるサイズ感を

 

伸縮性のあるニット素材のパジャマ以外は全てNGかというとそうでもありません。

伸縮性のないガーゼパジャマやサテンパジャマなども選んでもOKですが、その場合はいつもより気持ちゆとりのあるサイズ感を選びましょう。

MかLかで悩む場合はLを選びましょう。サイズ表ではバストやヒップ、袖口巾など必ずチェックしましょう。

もし1サイズ大き目を選んで、「袖丈や股下が長くなってしまう!」という方はつくるパジャマの袖丈、ズボン丈の調整サービスをご利用ください。

 

長袖のパジャマを選びましょう

体を冷やさないことが大切

病院内は空調がしっかりしており、適温で保たれているので、長袖、長ズボンのパジャマを選ぶのが基本です。

夏は暑いといっても冷房である程度暑くない室温になっているので、いくら暑がりといっても半袖を着用し、関節などを冷やしてしまうと、体にはよくありません。

綿のパジャマを選びましょう

蒸れないことが大切

病院のベッドシーツなどは蒸れやすいポリエステル素材がほとんどなので、肌に触れるパジャマは吸湿性の良い綿などの天然素材を選びましょう。

ほぼ1日中パジャマで過ごす入院生活。体温調節ができなかったり、熱がでたり、汗をかいたり・・・ただでさえストレスがかかるから、通気性がよくムレない綿100%の素材が最適です。

また入院中に洗濯することも考えると、シルクなどの扱いが難しいものよりも、じゃぶじゃぶ洗える綿素材がベストです。
パジャマには天然素材が良い4つの理由

自分に合った保温性のパジャマを選びましょう

基本的には薄手のパジャマを

やわらか天竺ニットレディースパジャマ・長袖/前開き/襟なし

やわらか天竺ニットメンズパジャマ・長袖/前開き/襟なし

天竺ニットパジャマ

病院の寝室は適温で保たれているため、あまり暖かいパジャマを選ぶと寝苦しくなる場合があります。

適度に保温性のある薄手の長袖のものを選び、カーディガンやパーカーなどで温度調整をすることをおすすめします。

  • 伸縮性がある→点滴・採血のときにめくりやすい
  • 前開き、上下分かれている→ドレーン(管)をとおしやすい
  • 綿100%→蒸れずに快適に眠れる、じゃぶじゃぶお洗濯可能
  • 天竺ニット→薄手で、適度な保温性。寒い場合は羽織もので温度調整できる

 

寒がりな方は厚手のものがおすすめ

コットンムースレディースパジャマ 長袖/前開き/襟あり

コットンムースメンズパジャマ・長袖/前開き/襟あり

スムースニットパジャマ

ご高齢の方などで、院内がいくら適温に保たれていても寒いという方がいらっしゃいます。

そんな方にはスムースニットがおすすめです。

  • 伸縮性がある→点滴・採血のときにめくりやすい
  • 前開き、上下分かれている→ドレーン(管)をとおしやすい
  • 綿100%→蒸れずに快適に眠れる、じゃぶじゃぶお洗濯可能
  • スムースニット→ほどよく厚手で、冬用のあたたか素材として使われる

 

パジャマ感がですぎず、機能的なデザインを

上下で色を変えるだけでおしゃれ感UP

入院中でも最低限、服装には気を付けたいもの。一般の方と同じフロアに診察室がある場合は特に気になりますよね。

つくるパジャマでは、上下の色を変えるサービスもございます。

上下で色を変えるだけで、パジャマ感が一気になくなります。ぜひご利用ください!

何でも入る大きいポケットのパジャマもあります

点滴などをしながらの移動は手元があいているほうが安心です。貴重品ロッカーの鍵やスマホ、小銭など、ポケットがあると便利です。つくるパジャマでは大きな心電計が入るサイズのポケットがついた入院サポートパジャマをご用意しております。

入院サポートレディースパジャマ・長袖/前開き/襟なし

入院サポートメンズパジャマ・長袖/前開き/襟なし

ズボンにポケットを付けることもできます

当店のパジャマは基本的に上着にポケットが付いており、ズボンにはポケットを付いておりませんが、

ズボンにポケットを付けたいというご要望にもお応えいたします。

  • 右後ろにパッチポケットを付ける
  • 両脇にスラッシュポケットを付ける

どちらでも対応いたします

詳しくはこちらからご確認ください→
つくるパジャマのこんなことできます

オーダーメイド実績

「長財布を入れたい」というお客様のご要望にお応えしたオーダーメイド実績もございます

パジャマ オーダーメイド事例9|深めのズボンポケットお作りしました

これで気軽に売店にもいけて、入院生活も少し安心ですよね。

まとめ

他にも気管切開の手術をされるお客様用のオーダーメイド実績もございます。

パジャマ オーダーメイド事例17|気管切開対応のパジャマ

病状などによって、オーダーメイドが必要な場合はお気軽にご相談ください!

つくるパジャマは工場直販!急な入院にも出来る限り間に合わせるように対応させていただきます!

 

 

 

 

▼こんな記事も読まれています▼

入院用パジャマは購入とレンタルどっちがいいの?メリット・デメリット

 

関連記事はこちら