つくるパジャマ > パジャマペディア > 快眠とパジャマ > 浴衣と寝間着の違いって?

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

浴衣と寝間着の違いって?

京都ではインバウンドむけレンタル着物のお店が大人気で、清水寺や八坂神社のふもと、東大路通には10軒以上が軒をつらねています。簡単な浴衣をレンタルされる方が多いのですが、日本人にとっては夏だけの浴衣というより旅先などの寝間着の方が、より身近に感じられるのではないでしょうか。

そもそも浴衣と寝間着の違いってあるのでしょうか?

1.そもそも寝間着って?

日本古来の呼び名は「寝巻き」

日本では寝る時は多くの人が寝間着やパジャマなどを着用するのが一般的です。日本の旅館やホテルに宿泊すると、ほとんどの宿には浴衣が用意されており、寝間着として利用される方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、阪神淡路大震災以降、災害時にすぐ外にでてもいいように寝間着やパジャマを着ない人が増えてきましたが、本来寝間着は睡眠環境の快適さを提供するための寝具の一つといえます。

この寝間着ですが、日本ではいつ頃から使用されるようになったのでしょうか。

文献や資料から紐解くと「寝間着」は「寝巻き」ともよばれていますが、日本古来の呼び名は「寝巻き」で着物や和服の下着に当たるものを指していました。 寝間着は明治維新以降の文明開化によりパジャマなどが寝間で利用されたことから、寝間で身に着ける衣服という意味になり寝間着という呼び名が使われるようになりました。

最近は、ジャージやスウェットなどのルームウェアでお休みになる方が多いようですが、本来は寝る時用に作られたウェアが寝間着であって、ルームウェアでは汗を吸わない素材や身体をしめつけるデザインなどで熟睡できない場合もあります。

また、パジャマですが、寝間着との違いは和式と洋式であるといえます。

▼こんな記事もよまれています▼

寝るときは裸?パジャマ? メリット・デメリットをご紹介

パジャマには天然素材が良い4つの理由

 

 

 

 

 

 

 

枕草子にも

平安時代の随筆、枕草子には、「夏などのいと暑きにもかたびらいとあざやかにて」とあります。

この帷子(かたびら)とは裏地をつけない「単衣(ひとえきぬ)」の着物のことで、汗取りのために使用されました。あるいは、この帷子を寝巻きとして使用していたのかも知れません。この単衣の素材は夏には生絹や麻で仕立てられ、冬は寒さ対策のため練絹で作られていたといいます。

着物の下着としては、襦袢がありますが、江戸時代のころより着られ、襦袢のはじめは半襦袢でした。その後、遊女が寒さ対策に足首まであるものを着るようになり、長襦袢が一般的になったという歴史があります。この長襦袢も寝巻きとして使用されたようです。

2.浴衣の原型

すでに日本書紀にでてくる「湯帳」

浴衣の原型は古く、7世紀頃の飛鳥時代に入浴をするときに着る肌着として「湯帳」というものがあったと確認されています。女性天皇の斉明天皇や持統天皇が、愛媛県松山市の「伊予の湯(現在の道後温泉)」に入浴された時の着用したと「日本書紀」に記述があります。
この湯帳の素材は麻であったと推定されます。

※2017年にグランドオープンされた道後温泉別館 飛鳥あすか乃の湯泉ではこの湯帳を着て入浴体験ができます https://dogo.jp/onsen/asuka

湯帷子

平安時代に入ると、帷子は「湯帷子」としても使用されるようになりました。平安時代の貴族は湯ではなく、蒸し風呂に入っていたため、やけど防止、汗取り、裸を隠すために着ました。

江戸時代に入ると銭湯が普及し、裸で入浴するようになりました。湯上り後、肌の水分をとったり、涼んだり、湯冷め防止のために湯帷子が着られるようになりました。江戸時代の先頭の2階にはサロンのような休み処があり、ここには社交場としての役割がありましたが、帷子を着てくつろいだようです。

その後湯帷子は外でも着られるようになり、浴衣として一般的になっていくわけです。

3.まとめ

歴史的には、寝巻きは浴衣の原型である「湯帳」にあるといえるようですが、平安時代に暑さや寒さ対策として使用された「単衣」にもその原型はみられるといえそうです。古くなった浴衣を寝間着として使用してきましたので結論的には浴衣=寝間着ですね。歴史的にも何も着ないで眠るのではなく、先人たちも汗とりとして寝間着を着て睡眠をとっていたとは驚きです。浴衣がほぼ木綿なのに対し、寝間着は木綿や、肌ざわりが優しい、ガーゼやネル素材も使われます。

昨今のおしゃれとしての浴衣の活躍は目覚ましいものがありますが、あくまでもカジュアルなもの。本来浴衣は家着で、外に着て行くのが許されるのは、夏の宵だけとされていました。

正装が必要な場所での着用は不向きといえます。

参考文献:書籍番号ISBN978-4-526-07694-7

関連記事はこちら