つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > パジャマの簡単オーダーメイド人気No.1|パジャマの袖丈を変えられるオプションサービス

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

パジャマの簡単オーダーメイド人気No.1|パジャマの袖丈を変えられるオプションサービス

「バストに合わせて、Lや2Lのパジャマを買うけど、いつも袖丈が長くて困っている…」そんな方のお悩みを解決!バストが大きくても、身長は別に高くない女性って多いですよね。当然、手足も特別長い方も多くはありません。パジャマはS、M、L、2L、3L、4L、5L…とサイズが大きくなるほどバスト(胸囲)が大きくなるのはもちろん、着丈、袖丈も長くなっていきます。当店の簡単オーダーメイドサービスの中でも実は一番ご要望が多いのが、この「袖丈を短くする」なんです。でも「何cm短くするのがベストなの?」「どう測るの?」「何かややこしそう…」という方に今回はこちらのサービスを実際に利用する方法を分かりやすくご説明いたします。

 

 

STEP1. 袖丈のちょうど良い長さを知りましょう

手首を冷やさず、くるぶしが少し隠れるくらいがベスト

短すぎるのはNGです。手首を冷やしてしまいます。長すぎるのもNGです。洗顔や作業をするのに不便です。手首のくるぶしが少し隠れるくらいが手首を冷やさずおすすめです。

STEP2. 自分のパジャマサイズの選びましょう

バストに合わせてサイズを決めるのがおすすめです

つくるパジャマのサイズ表のバスト対応寸法で選んでいただくことをおすすめします。ご自分の実際のバストサイズ(ヌード寸法)に対応するようにパジャマはお作りしています。女性の方であれば、胸囲が100cmであれば、2Lサイズを選びましょう。2Lサイズのパジャマ自体は対応寸法の最大値102cmに対して、周囲合計で20cm大きい122cmの仕上がりサイズになっています。実際の胸囲よりも20cm大きいくらいがバジャマとしてはゆとりがあっておすすめしています。

STEP3. ちょうどよい袖丈の長さにしてみましょう

お手持ちのパジャマを測ると分かりやすいです

ちょうどよい袖丈の長さにするためには方法は2つ。一つは一番簡単な方法ですが、お手持ちのパジャマやシャツなどで一番ちょうどの袖丈のものがあれば、その長さが何cmかを調べます。

ただ、この方法の場合、当店のパジャマの肩幅とお手持ちのパジャマの肩幅が違う場合、若干ずれてきてしまうので、肩幅分を考慮すると一番間違いないです。仮に、ちょうどよい袖丈感のパジャマの袖丈が51.5cm、肩幅46cmだった場合、ちょうどよい袖丈51.5cm+肩幅23cm(46cm÷2)=74.5cmになります。つくるパジャマのレディース2Lは袖丈55.5cm+肩幅23.9cm(47.8cm÷2)=79.4cmになるので、74.5-79.4=マイナス4.9cm、つまり、つくるパジャマの2Lサイズの袖丈を約5cm短くすればお手持ちのパジャマの袖丈感になります。

袖丈を調整するオプションでは2cm間隔で、5cmはないので、4cmか6cmをお選びいただくか、どちらかをお選びいただいた後に、ご注文手続きの通信欄に「袖丈は5cm短く」とご記載いただければ対応いたします。(追加料金は発生いたしません)

便利な試着サービスもあります!

2つ目は、つくるパジャマの試着サンプル貸し出しサービスをご利用いただく方法です。XS~5Lまでどのサイズでも2サイズまで試着用のサンプルを貸し出ししておりますので、実際に着てみて、袖丈を何cm短くするかを決めていただくと一番間違いありません。

完成!

実際に6cm短くするとこれだけ違います。

左の写真だと洗顔など日常生活では何かと不便ですよね。バストに合わせて2L、3Lの大きいサイズを購入するとこれくらい袖丈が長い場合があります。つくるパジャマではM~5Lまで1cm間隔くらいでしか長くはしていませんが、それでも袖丈が長くなってしまう場合もありますので、当店の袖丈調整サービスはご支持いただけているのかと思います。

5.他にも

「手足が長く、いつも袖丈が短くて困っている」方のお悩みを解決!

袖丈をつめるお客様ほど多くはありませんが、逆に高身長でやせ型で手足が長く、いつも洋服やパジャマを買うと、袖丈が短くて困っているという方もいらっしゃいます。そんな方には袖丈を長くするというオプションサービスでお悩みを解決いたします。さきほどと同じ手順で、まずはバストに合わせてサイズを決定し、袖丈の調整する長さをご指定ください。

関連記事はこちら