ご案内

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

パジャマ オーダーメイド事例30|ボタンをマジックテープに変更

アバター

この記事の監修者岩本悠資
所属:岩本繊維株式会社 専務取締役
出身:1983年10月 京都生まれ
経歴 同志社大学経済学部卒業。
広告代理店入社、営業部配属。
岩本繊維入社後、日本全国の寝具専門店、家具店などの小売店への卸営業活動を経て、自社ECサイト「Living Mahoroba楽天店」「つくるパジャマ」オープン。睡眠健康指導士のアプローチで快眠に関する知識や寝装品、 パジャマ選びなどの情報をブログで発信。
資格
趣味 寝ること、育児、音楽鑑賞、お酒

「家族の介護のためにマジックテープのパジャマがほしい」そんなご要望にお応えいたしました。介護をされる方も介護をする方も快適に過ごしていただけるお手伝いができたのであれば、大変嬉しく思います。今回は綿100%のもっちりしっとりとしたスムースニットを使用し、マジックテープのパジャマをお作りいたしました。

1.オーダーメイドパジャマの概要

お客様千葉県K様
お作りした商品ボタンをマジックテープに変更したパジャマの特徴
価格マジックテープ・袖の仕様変更、それぞれ税別1,000円程度(オプション代として)
納期ご注文から約10営業日程度

2. ご要望・いきさつ

家族の介護のためにマジックテープのパジャマがほしい

K様からメールで、「家族の介護のためにマジックテープのパジャマがほしいが、作ることはできますか?」とお問い合わせをいただきました。担当の看護師とも相談され、マジックテープのパジャマを希望されているとのことでした。「つくるパジャマ」では現在マジックテープのパジャマの取り扱いはありませんでしたが、ご要望にお応えし作らせていただきました。メールでご注文方法をご連絡させていただき、ご注文を確定いただきました。
K様とはマジックテープのパジャマを現在までで合計2回作らせていただいております。初めて作らせていただいた時は、パジャマのボタン部分を一直線にマジックテープに変更いたしました。パジャマを実際に着ていただき、ご家族の方にもご満足いただけているとのことでしたが、さらに快適に過ごせるように2回目のご依頼では、ボタンがある位置計6ヶ所をマジックテープに変更し、袖の仕様も変更させていただくことになりました。

3. ボタンをマジックテープに変更したパジャマの特徴

ボタンを無くし、マジックテープにすることで介護の負担を楽にするパジャマに

ボタン部分をマジックテープにすることで着脱が楽になり、介護される方も介護する方もお互いが快適に過ごせるようになったのではないでしょうか。長袖では着脱の際に肌に擦れてしまうので、2回目のご依頼時に袖部分も着脱可能な仕様に変更し、マジックテープで留められるようになっております。

今回ご依頼いただき、当店の商品が少しでも快適に日々を過ごすお手伝いができたのであれば、スタッフ一同大変嬉しく思っております。

4.お客様のご感想

ご家族の方にも喜んでいただき、ご満足いただくことができました!

1回目のご依頼後、K様よりレビューをいただき、ご着用いただいている方にも喜んでいただき、ご満足いただけているという嬉しいお声をいただくことができました。
また2回目のご使用感などもお教えいただければ幸いでございます。
K様、この度は誠にありがとうございました。

関連商品はこちら

関連記事はこちら