つくるパジャマ > パジャマペディア > 生地ものがたり > 冬もガーゼパジャマを使いたい|3重ガーゼパジャマの開発秘話

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

冬もガーゼパジャマを使いたい|3重ガーゼパジャマの開発秘話

「ガーゼのパジャマが大好きだから冬も使いたい。でもダブルガーゼだと冬場はちょっと寒い…」そんな寒がりな方のために開発した、つくるパジャマオリジナルの3重ガーゼパジャマ。
今回は私、店長の岩本が3重ガーゼ生地の開発秘話をお話しさせていただきます。

冬用の暖かいガーゼパジャマを作ろう!

綿100%の3重ガーゼ

ふわふわと柔らかくて大人気の綿ガーゼ生地。肌触りの良さはもちろんのこと、抜群の通気性と吸水性・吸湿性で蒸れずに快適なので、パジャマの素材としてもガーゼ生地は最適です。
ガーゼパジャマの中でも最もポピュラーなのがダブルガーゼパジャマです。そのほどよい保温性から春先や秋口などに大活躍してくれます。ただ、冬になると寒がりな方だと「ダブルガーゼだと寒い」となってしまうんですよね。
そこで、2重が寒いなら3重でということで、冬用のガーゼ素材として3重ガーゼを採用することになりました。

冬パジャマ

超あったか冬パジャマのおすすめ商品はこちら ▶

ガーゼを3枚重ねただけの3重ガーゼは暖かくなさそう…

のっぺりしててちょっと分厚いだけ…

最初に3重ガーゼの試験反が届いたとき、スタッフみんなの感想は「…。全然暖かくなさそう。。」本当にガーゼを3枚重ねただけという感じで、ダブルガーゼより少し分厚いだけという印象でした。
でも、それもそのはずですよね。ダブルガーゼに1枚ガーゼを重ねただけですからね。。触ってもそんなに暖かく感じない。ただのちょっと分厚いダブルガーゼ。
冬のあったかガーゼをイメージしていただけに、みんな沈黙…。そこで生地供給元に相談し、色々と話し合った結果、出たアイデアが、「エアータンブラー加工」でした。
晒・染加工済ガーゼ生地

エアータンブラー加工とは

タオルの産地・今治などで使われる、ふっくら加工

ふっくらふわふわ
生地を織ってから、最終の染色工程において、空気の力で生地を衝突板にぶつけながら水洗いすることで生地をもみほぐし柔らかくふっくらさせるのがエアタンブラーという特殊加工です。これは、ふっくらした柔らかさで人気が大爆発した今治タオルの産地、今治でもよく使われる加工の一つです。
実は以前に「とにかく柔らかいリネン麻を作りたい」というコンセプトで生地を企画した際、生地をもみほぐして水洗いをすることで、麻とは思えないほどの柔らかさとふっくら感のあるリネンに仕上がったという体験があったので、今回も同じ理屈でふっくら感が出せるのではと思い、染め工場の職人さんに相談してみたところ、エアータンブラー加工を提案してもらいました。
早速、この「のっぺり分厚いだけのガーゼ」をエアータンブラー加工してもらったところ、全く別人に生まれ変わりました!ふわっふわっした柔らかさとボリューム、洗い加工をした分、起毛までもいきませんが、表面にほんのりと毛羽立ちが生まれ、それが暖かさも感じる。「これだ!」冬用のあたたかガーゼ、「エアータンブラー3重ガーゼ」の誕生でした。

表面にシボ感を出す、トリプルワッシャー加工

液流晒・液流染色・エアータンブラー加工の3工程

トリプルワッシャー加工
試験サンプルのエアータンブラー3重ガーゼがあがってきたのちに、最終打合せのために、和歌山の染め工場まで私と女性スタッフで足を運びました。
その際、通常の晒(さらし)工程、染色工程ではなく、ドラム式洗濯機のような設備に生地を入れて水洗いしながら行う、液流晒・液流染色という工程にするとよりふっくらとし、さらに生地表面におもしろいシワ感が出せるという提案をいただき、女性スタッフが「絶対この加工がいい!」と即決。こだわりぬいたオリジナルガーゼ生地の誕生です。
ちなみに、液流晒・液流染色・エアータンブラー加工という3つの水洗い加工をするため、こういった加工をトリプルワッシャーといいます。

冬のパジャマで一番人気の商品に

「全9色」シックで高級感のある色味

夏用パジャマの爽やかさなイメージとはまた異なり、パジャマに着替えるたびに着心地にも見た目にも温もりを感じていただけるような高級感のあるカラーにしました。深みのあるシックな色なので年齢性別問わず多くのお客様からご好評いただいています!

3重ガーゼの魅力とは

空調管理がしっかりとされたお部屋で過ごされる方なら「通年ダブルガーゼパジャマで平気!」という方もいらっしゃるかと思います。それでも季節や気温に合わせてパジャマを選ぶことでより快適にお過ごしいただけます。特に、冷え込みが気になり始める秋終わりからは、気温も20℃~10℃くらいになって朝晩と日中の寒暖差がつらいですよね。ちょうどそんな時期にお勧めなのが3重ガーゼパジャマです!3重ガーゼなら保温性がありながらも通気性があって蒸れにくいので快適です。

洗濯後

私自身も冬用パジャマとして、裏起毛スウェット、スムースニット、3重ガーゼを使っていますが、実はパジャマによって布団を保温性が高いものと低いもので使い分けています。これは色んな睡眠環境の方がいらっしゃるため、どのシチュエーションにどのパジャマが最適か試すためなのですが、3重ガーゼパジャマは寒がり度中くらいの方で、保温性高めのお布団を使われている方で、かなり冷え込む寒い日に一番快適にお使いいただけるかと思います。
そして何よりふわふわ柔らかく気持ち良い!お洗濯するたびにさらにどんどん柔らかくなってお肌に馴染んでいくガーゼの風合いは、パジャマを育てている感覚で自分だけの1着に!

洗濯後

おすすめの3重ガーゼパジャマ

冬の作務衣は3重ガーゼで

作務衣=作業着というイメージがある方もいるかもしれませんが、入院着やパジャマ、ルームウェアとしても人気があります。当店でも「動けて眠れる作務衣」として様々な素材で作務衣をご用意しています。その中でも冬に着られて人気の生地が、3重ガーゼ作務衣になります。作業性に優れたデザインはそのままに3重ガーゼ生地の優しい肌触りと保温性が特徴の作務衣です。シックな色味なので和の雰囲気も感じられて一枚で様になります!

3重ガーゼ作務衣メンズ3重ガーゼ作務衣レディース

作務衣と合わせて着たい作務衣用下着

保温性の高い3重ガーゼですが、よりあたたかくおしゃれに着たい方は作務衣肌着を作務衣の下に着用するのがおすすめです!襟元から除く作務衣下着がコーディネートを引き締めてくれます!3重ガーゼの作務衣と作務衣下着を重ねれば、6層のガーゼが重なってぽっかぽかです♪

3重ガーゼメンズ作務衣下着3重ガーゼレディース作務衣下着

ラクチンは正義!かぶりタイプのヘンリーネックパジャマ

オールシーズン人気のヘンリーネックデザインのパジャマは、なんと言っても着脱がラクチン!Tシャツ感覚で着られて、抜け感もあるヘンリーネックは男女ともに根強い人気のデザインです。大人の雰囲気も感じられる3重ガーゼの深みのあるカラーバリエーションで上品な1着になりました!

3重ガーゼヘンリーネックメンズパジャマ3重ガーゼヘンリーネックレディースパジャマ

朝晩の冷え込みに!3重ガーゼバスローブ

パイルなどのタオル地で作られたバスローブが主流の中、最近ではガーゼのものも見かけるようになりましたが、外側がガーゼ、内側がパイル地になっているものが多く、すべてガーゼで作られたバスローブは意外と少ないんです。そんな中、当店の3重ガーゼバスローブは、表も裏もオールガーゼ!敏感肌の方や赤ちゃんがいるご家庭の方に是非着ていただきたい、やさしいオールガーゼのガウンです。パジャマの上にも着ていただけて朝晩の冷え込み時には羽織としても大活躍です。

3重ガーゼレディースバスローブ・ガウン

お部屋だけではもったいない!普段着にも使えるバンドカラーパジャマ

まるでシャツのようなデザインのバンドカラーパジャマが3重ガーゼでも登場!抜け感があり、ぐっとおしゃれな印象にしてくれます。朝のゴミ出しや郵便を取りに行く際など、ちょっとそこまでの外出に使えて便利♪シンプルなデザインだから、お手元のパジャマ・ルームウェア・普段着と合わせやすい!一枚は持っておきたい、万能パジャマです。

3重ガーゼメンズパジャマ上下セット・長袖/前開き/バンドカラー

こだわりぬいたオリジナルの3重ガーゼパジャマ、ぜひ一度お試しください!

その他の3重ガーゼパジャマはこちら
3重ガーゼパジャマだけをご紹介

無料の生地サンプルはこちら
見て、触って実感!3重ガーゼ無料生地サンプル

関連記事はこちら
ガーゼパジャマの特徴と今人気のパジャマをご紹介

冬の作務衣の選び方とおすすめ素材をご紹介

    岩本悠資
    1983年10月・京都生まれ
    同志社大学・経済学部卒。上級睡眠健康指導士。
    寝装品メーカー「岩本繊維株式会社」に入社後、心地よい肌触りで快眠できるパジャマに最適な素材を日々研究中。
    2017年11月にオーダーパジャマ専門店「つくるパジャマ」を開店
    趣味
    寝ること、育児、音楽鑑賞、お酒

関連記事はこちら