つくるパジャマ > パジャマペディア > 生地ものがたり > 知っておくと得をする!ニットパジャマのメリット・デメリット

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

知っておくと得をする!ニットパジャマのメリット・デメリット

Tシャツやスウェット、冬はセーターなどに使われるニット。伸縮性があり、柔らかな肌触りのものも多いことから、パジャマにもとても人気の生地です。今回はそんなニットパジャマの、買う前に知っておくと得をするメリット・デメリットをご紹介します。

 

1.そもそもニットとは?

編んで作られた生地の総称です

ニットといわれると、毛糸のセーターを思い浮かべてしまいますが、編んで作られた生地の総称です。パジャマに使われる素材は基本的には編物のニットか、織物の布帛(ふはく)の2種類です。
ざっくりと説明しますと、整経(せいけい)されたタテ糸にヨコ糸を打込んで、織機(しょっき)で織る織物に対し、ニットは編み機によって、1本の糸で編まれています。
編みは大きく分けて、丸編み、横編み、縦編みがあります。パジャマに使われるのはニットはほとんど丸編みです。

2. パジャマに使われるニットの種類

天竺ニット(天竺編み)

薄手のTシャツや肌着などに使われているニットのほとんどはこの天竺ニットです。パジャマで使われる場合もやはり、やや薄手のものが多く、春秋物のイメージです。
天竺ニットは丸編みの一種で、1列の針で編み、編み地の表面はすべてループの表目で現れるのが特徴です。
また、カーリング(耳まくれ)が起きやすい生地で、裁断、縫製泣かせの生地です…。Tシャツなどでもわざと裾処理をしないでおいて、くるっとカールさせているデザインのものもありますが、パジャマでも裾がまくれあがりやすいです。

フライスニット(フライス編み)

天竺ニット同様、Tシャツや肌着に使われることが多いですが、伸縮性がとにかく抜群なのがフライスの特徴です。スウェットなどの袖口部分、いわゆるリブに使われることも多く、別名、リブ編みとも言います。
体にフィットするセーターやカーディガンなどにも使われるほど肌沿いもよいので、パジャマにも最適です。
シーズン的には春秋のイメージです。天竺ニットとは違い、耳まくれをしにくいので、縫製や裁断にも強いです。

スムースニット(スムース編み)

やや厚手のTシャツやスウェットに使われることの多い、スムースニットはその名前の由来通り、生地の表面が滑らかですべすべとしたとした肌触りが特徴です。
天竺ニットに比べ、厚みがあるものが多く、パジャマだと秋冬物のイメージです。フライス編みを2つ組み合わせた両面編みの別称でもあり、表も裏もどちらの面も同じなので、パジャマだと素肌に当たる面もすべすべなのが嬉しいですね。

3. ニットパジャマのメリット:伸縮性がある

寝返りがうちやすい

人は血の循環をよくするため、睡眠中20~30回ほど寝返りをうちます。ニットのように伸縮性がある素材は寝返りをうつのに負担がかからないため、パジャマには最適な素材です。
パジャマに人気のガーゼ素材などは織物で伸縮性がないため、ゆとりのあるサイズなどを選ぶなどして寝返りに負担がかからないようにする工夫が必要です。
寝返りに負担がかかると、睡眠の質を低下させてしまいます。パジャマを選ぶ際にはぜひ気を付けたいポイントです。
ちなみに、伸縮性の度合いでいうと、天竺<スムース<フライスの順になります。もちろん、糸や生地の厚みなど様々なスペックによって一概には言えませんが、このような見方が一般的です。

着脱がしやすい

伸縮性があると手足や、首を通すときなど着脱がしやすいですよね。前開きタイプのデザインであれば問題ないですが、かぶりなどのプルオーバータイプは伸縮性がないと着づらく、とくに肩を上げたり、関節を曲げたりするのがしんどいという、ご年配の方にはまず着ることができません。
また介護などで着させてあげるときもやはり伸縮性のあるパジャマの方が楽です。

4. ニットパジャマのデメリット:形状が変化しやすい

洗濯すると縮む、吊干しすると伸びる

ニットの最大の欠点は洗濯すると、縮み、吊干しを長時間すると伸びてくることです。
実は昭和30年代頃まで、編物のことを「メリヤス」と呼んでいましたが、「莫大小」と書いて、メリヤスと読ませました。莫=ない、という意味で、つまり「大きくも小さくもない、形状の変化するもの」というくらい縮んだり伸びたりするやっかいな生地なんです。
(ちなみに今では、メリヤスは丸編みの中でも天竺ニットなどの平編みのことを指しています)
もちろん、際限なく縮み続けることも伸び続けることもないですが、織物に比べて形状の変化がしやすいです。当店の自社工場でも、50mほどのロール状になっている生地を立てて保管しておくことはNGです。寝かせておかないと生地巾が変化してしまうほどです。
また、当店でもモデル撮影の数日前に撮影用のスムースニットパジャマをハンガーで数日かけておいたところ、見事に丈が伸びてしまっていました。

5.まとめ:ニットパジャマを買うときに気を付けたいこと

綿などの天然素材を選びましょう

ルームウェアなどに多いスウェット生地などのパジャマを選ぶとき、ポリウレタンなどが含まれている場合があります。また、フリースニットなどは原料がポリエステルです。
こういったポリウレタンやポリエステルなどの化学繊維は吸湿性がないため、睡眠中蒸れてしまい、夜中に目が覚めて快眠の妨げになってしまいます。
パジャマの素材には、吸湿性に優れ、蒸れを感じにくい綿や麻、シルクなどを選ぶようにしましょう。必ずパジャマを買う前に品質表示タグなどをチェックすることをおすすめします。

ニットの種類と特徴を理解して、自分の好みやシーズンに合ったパジャマを

ニットによって、生地の厚みや肌触り、伸縮性などが違います。もちろん商品によって、一概には言えないですが、肌触りを重視するなら、スムース。伸縮性を重視するなら、フライス。薄手のものが良いなら天竺。
市場に出回っているパジャマにはこのような特徴の傾向があることを知っていただくと、ニットのパジャマを選ぶ参考になるのではないでしょうか?

洗濯後縮むニットは吊干して元に戻しましょう

当店のニットパジャマでも天竺ニットはほぼ縮みませんが、スムースニットは丈が4%ほど縮みます。ただ、1~2日吊干していただくと元に戻ります。あるお客様でも縮んでしまったとお困りのご連絡があり、吊干していただくようご案内したところ元に戻ったとのことでした。縮んだままであれば最初に縮み分長く作れば問題ないのですが、ニットはまた伸びるという性質があるため、なかなか難しいところです。ですので、洗濯後の乾燥は、丈が伸びるように、そして他のパジャマよりも長めに、吊干していただくことをおすすめします。また、元に戻ったら、今度はハンガーなどにかけずに畳んで保管しましょう。(若干伸びる可能性があるからです…)

関連記事はこちら