つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > 夏におすすめのパジャマ・ルームウェア3選

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

夏におすすめのパジャマ・ルームウェア3選

暑い夏の夜、Tシャツましてや裸なんかで寝ていませんか?
実は夏こそパジャマがおすすめです。
エアコンとパジャマを上手く使い合わせることで、涼しく、健康的に快眠できます。
今回は夏の快眠の方法とおすすめのパジャマをご紹介いたします。

 

1.夏はエアコンをいれてパジャマで寝ましょう

政府広報課も夏の夜にはエアコンを推奨しています

昨今、温暖化現象によって夏の気温はどんどん上がっています。
熱中症で亡くなる方が増える中、政府広報課からも、夏には寝ている間でもエアコンを使うことを推奨する発表がされています。
今や夏の睡眠にはエアコンが必要不可欠になってきています。

室温26~28℃、湿度50~60%に設定し、直接風が当たらないように

夏の寝室は室温26~28℃湿度50~60%が快適とされています。
エアコンによって機能は様々ですが、除湿では湿度をそこまで下げられないことが多いため、除湿ではなく冷房で26~28℃設定にして、湿気はパジャマや寝具で逃がして蒸れ感のない快適な寝床内気候にするのがおすすめです。

また直接エアコンの風が当たると体を冷やしすぎてしまうため、風向設定やスイング設定などで調節して当たり続けないようにしましょう。

タイマー設定をするなら、早朝前に切るのがベスト

冷房は入眠時、睡眠前半につけておくことがポイントです。
クーラーをつけっぱなしにすると、翌朝体がだるくなるからと、1~2時間でエアコンを切ってしまうと、結局暑くて起きてしまい、快眠することができません。
ヒトは早朝前くらいに一番体温が下がり、起床にむけてどんどん体温があがっていきます。
夏でも早朝前は気温がぐっと下がり、比較的快適に過ごせるので、早朝前くらいにエアコンが切れるタイマー設定にするのもおすすめです。

おすすめの記事はこちら
夏の快眠のコツ~エアコンとパジャマ、寝具の上手な使い方~

2. 夏のパジャマの選び方

蒸れない綿や麻・リネンのパジャマを

お布団の中の最適な寝床内気候は温度33℃、湿度50%とされています。
冷房で室内温度はそれより少し低めの設定の26~28℃にすることで温度は快適にできても湿度の調整は除湿では難しいです。
そこで、湿気を吸ってくれるパジャマを着用することがポイントです。
人は寝ている間でもコップ1杯分の汗をかくといわれていますが、ダラダラと流れる汗だけでなく、皮膚から水蒸気として出る汗があります。
夏場は特に、この湿気としての汗を吸ってくれることが大切です。
綿や麻・リネン吸湿性に優れているため、この湿気としての汗を吸ってくれるため、蒸れにくいです。
逆にポリエステルなどの素材は吸湿性がなく、蒸れやすいため、夏の熱帯夜に着用することはNGです。

前開きパジャマがおすすめ

ボタンが付いている前開きパジャマ通気性がよく、衣服内に熱がこもりにくいため、夏のパジャマとしてはおすすめです。
夏はTシャツなどのまま寝る人も多いですが、かぶりタイプだと、熱が逃げにくくなってしまいます。
かぶりタイプを着る場合は通気性のよい薄手の素材などを選ぶようにしましょう。

前開きパジャマのメリット・デメリット

基本的には首元を冷やさない襟つきパジャマを

昨今、クールビズが普及し、ネクタイをしないだけで、体感温度が2度下がるともいわれています。
パジャマも同様で、襟がついているものとついていないものでやはり体感温度に差が出てきます。
首元や、手首、足首は太い血管が走っており、夏でも冷やしてはいけない三大ポイントです。
夏場は冷房で適温環境のもと、襟がついているパジャマを着用し、首元を冷やさないようにしましょう。
逆に暑がりの方は襟の有無だけでも体感温度が変わってくるため、襟なしのものを選びましょう。
ご自分の体調、体質によって使い分けることが大切です。

手首、足首を冷やさない、長袖・長ズボンのパジャマを

さきほどと同じ理由で、涼しい環境にして、手首・足首を冷やさないようにしましょう。
「涼しいけれど、冷やさない」ようにエアコンとパジャマなどの寝具を組み合わせることが大切です。
また、吸湿性のよい綿パジャマを着用していれば、長袖でも皮膚から発する湿気としての汗もきちんと吸ってくれるため、蒸れずに快適です。

袖口、裾廻り、ゆったりしたサイズ感のパジャマで通気性をよく

袖口や裾廻りの大きいデザインだと通気性がよいため、熱がこもりません。熱は逃がして、体は冷やさないようにこころがけましょう。
つくるパジャマでは、XSの小さいサイズから2L、3L、4L、5Lまでの大きいサイズまで全てのパジャマでご用意。
さらに袖丈、ズボン丈などを調整できる簡単セミオーダーメイドのサービスもありますので、自分の好みのサイズ感にすることができます。

3. かるふわガーゼパジャマ

夏のかるふわガーゼレディースパジャマ

夏のかるふわガーゼメンズパジャマ

綿100%の1重ガーゼパジャマ

こちらのパジャマの特徴は、

  • 抜群の通気性で蒸れずに涼しい
  • 驚くほどの軽さ(一般的なパジャマの約半分の重量)
  • 和晒製法ならではの柔らかさ
  • 綿100%だから優れた吸湿性、吸水性

とにかく肌触りが気持ちいい。さらに洗濯するほどにふわふわ柔らかく、肌になじむ感触。
軽くて涼しく、抜群の通気性で蒸れない。夏に一番人気のパジャマです。

4. やわらかるいリネンパジャマ

やわらかるいリネンレディースパジャマ

やわらかるいリネンメンズパジャマ

麻100%フランス産リネンパジャマ

こちらのパジャマの特徴は、

  • 麻ならではの接触冷感でひんやり心地よさ
  • 麻ならではのシャリ感でべたつかない爽やかさ
  • クールクラッシュ加工で麻とは思えない柔らかさ
  • 60番手糸を使用し、麻とは思えない軽さ
  • 麻は天然素材の中で最も優れた吸放湿性、吸水性

高価ですが、とにかく機能性抜群のリネン。
60番手の極細の糸を使用し、クールクラッシュという洗いほぐし加工をしているので、麻はチクチク感、シャリ感があるから苦手という方でも着ていただけるパジャマです。

5. さらっと爽やかサッカーパジャマ

先染めサッカーストライプレディースパジャマ

先染めサッカーストライプメンズパジャマ

綿100%の先染めストライプパジャマ

  • ポコポコした生地表面でサラっと気持ちいい
  • 播州織の先染めストライプで見た目も爽やか
  • 綿100%だから優れた吸湿性、吸水性

たて糸に縮率の違う糸を何本かおきに配列することで、ポコポコとした表面になるサッカー生地。
凹凸があることで肌にあたる面積が少なくなり、ベタつきにくくサラっと爽やかな肌触りです。
麻は苦手だけど、綿の柔らかさと、ベタつかないシャリ感がほしいという方におすすめのパジャマです。

関連記事はこちら