つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > 夏におすすめのパジャマ・ルームウェア5選

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

夏におすすめのパジャマ・ルームウェア5選

暑い夏の夜、Tシャツや半裸で寝ている人も多いのではないでしょうか?
実は夏こそパジャマがおすすめなんです!
エアコンとパジャマを上手く使い合わせることで、涼しく、健康的に快眠できます。
今回は夏の快眠の方法とおすすめのパジャマをご紹介いたします。

1.夏はエアコンをいれてパジャマで寝ましょう

政府広報課も夏の夜にはエアコンを推奨しています

昨今、温暖化現象によって夏の気温はどんどん上がっています。
熱中症で亡くなる方が増える中、政府広報課からも、夏には寝ている間でもエアコンを使うことを推奨する発表がされています。
今や夏の睡眠にはエアコンが必要不可欠になってきています。

室温26~28℃、湿度50~60%に設定し、直接風が当たらないように

夏の寝室は室温26~28℃湿度50~60%が快適とされています。
エアコンによって機能は様々ですが、除湿では湿度をそこまで下げられないことが多いため、除湿ではなく冷房で26~28℃設定にして、湿気はパジャマや寝具で逃がして蒸れ感のない快適な寝床内気候にするのがおすすめです。

また直接エアコンの風が当たると体を冷やしすぎてしまうため、風向設定やスイング設定などで調節して当たり続けないようにしましょう。

タイマー設定をするなら、早朝前に切るのがベスト

冷房は入眠時、睡眠前半につけておくことがポイントです。
クーラーをつけっぱなしにすると、翌朝体がだるくなるからと、1~2時間でエアコンを切ってしまうと、結局暑くて起きてしまい、快眠することができません。
ヒトは早朝前くらいに一番体温が下がり、起床にむけてどんどん体温があがっていきます。
夏でも早朝前は気温がぐっと下がり、比較的快適に過ごせるので、早朝前くらいにエアコンが切れるタイマー設定にするのもおすすめです。

おすすめの記事はこちら
夏の快眠のコツ~エアコンとパジャマ、寝具の上手な使い方~

2. 夏のパジャマを選ぶ5つのポイント

薄手で通気性がよい涼しい素材を選びましょう

パジャマの生地の厚みや通気性によって着用したときの涼しさ、体感温度が変わります。
とにかく暑がりで涼しさを最重要視される方はガーゼ地がおすすめです。
エアコンを付けたり、体をあまり冷やしたくないという方はご自身に合った適度に涼しいものを選びましょう。

肌にはりつきにくい凹凸のある素材がおすすめです

汗をかきやすい夏場、ちぢみやサッカー、リップル、しじらなどのポコポコと凹凸のある素材は肌との接着面が少なくなるため、パジャマが肌にべたつかずさらっとした着心地で非常に快適です。汗かきの方は特にこのべたつかなさを注意することが大切です。

吸放湿性の高い蒸れない綿、麻・リネン素材を選びましょう

お布団の中の最適な寝床内気候は温度33℃、湿度50%とされています。
冷房で室内温度はそれより少し低めの設定の26~28℃にすることで温度は快適にできても湿度の調整は除湿では難しいです。
そこで、湿気を吸ってくれるパジャマを着用することがポイントです。
人は寝ている間でもコップ1杯分の汗をかくといわれていますが、ダラダラと流れる汗だけでなく、皮膚から水蒸気として出る汗があります。
夏場は特に、この湿気としての汗を吸ってくれることが大切です。
綿や麻・リネン吸湿性に優れているため、この湿気としての汗を吸ってくれるため、蒸れにくいです。
逆にポリエステルなどの素材は吸湿性がなく、蒸れやすいため、夏の熱帯夜に着用することはNGです。

体にストレスのない軽い素材がおすすめです

夏だけには限りませんが、パジャマの大切な要素は軽さです。ヒトは睡眠中、血液の循環を良くするために寝返りをうちますが、寝返りをスムーズにするためには体に負担をかけない軽い素材を選ぶことが大切です。特に夏場はパジャマが重たいと余計に暑苦しくて汗をかいてしまいますよね…。

ご自分に合った心地よい肌触りのものを選びましょう

触って心地よいと感じる素材は人それぞれですが、比較的ふわっと柔らかく、さらっと滑らかな素材を心地よいと感じられる方が多いのではないでしょうか?夏に快適なパジャマにはシャリ感のある麻素材やポコポコ凹凸のあるちぢみ、サッカーなども多いので、べたつかなさをどれくらい取るか、肌触りの良さをどれくらい取るかのバランスを考慮して選ぶことをおすすめします。

3.自分に合ったデザインを見つけましょう

とにかく暑がりな方は半袖、短パンを

体を冷やしてはいけないことが大前提にはなりますが、お風呂上りや入眠前にいくらエアコンをかけても「長袖は暑い!」という方は半袖、短パンを選びましょう。ただ、体が冷えてきたかなと思ったら、エアコンを止めたり、睡眠中はタオルケットなどで関節を中心に体を冷やさないように注意しましょう。

風通しのよい前開きパジャマがおすすめ

ボタンが付いている前開きパジャマ通気性がよく、衣服内に熱がこもりにくいため、夏のパジャマとしてはおすすめです。
夏はTシャツなどのまま寝る人も多いですが、かぶりタイプだと、熱が逃げにくくなってしまうので、かぶりタイプを着る場合は通気性のよい薄手の素材などを選ぶようにしましょう。

前開きパジャマのメリット・デメリット

基本的には首元を冷やさない襟つきパジャマを

昨今、クールビズが普及し、ネクタイをしないだけで、体感温度が2度下がるともいわれています。
パジャマも同様で、襟がついているものとついていないものでやはり体感温度に差が出てきます。
首元や、手首、足首は太い血管が走っており、夏でも冷やしてはいけない三大ポイントです。
夏場は冷房で適温環境のもと、襟がついているパジャマを着用し、首元を冷やさないようにしましょう。
逆に暑がりの方は襟の有無だけでも体感温度が変わってくるため、襟なしのものを選びましょう。
ご自分の体調、体質によって使い分けることが大切です。

手首、足首を冷やさない、長袖・長ズボンのパジャマを

さきほどと同じ理由で、涼しい環境にして、手首・足首を冷やさないようにしましょう。
「涼しいけれど、冷やさない」ようにエアコンとパジャマなどの寝具を組み合わせることが大切です。
また、吸湿性のよい綿パジャマを着用していれば、長袖でも皮膚から発する湿気としての汗もきちんと吸ってくれるため、蒸れずに快適です。
「暑いのは嫌、でも関節を冷やしたくない」という方には七分袖のパジャマもおすすめです。

袖口、裾廻り、ゆったりしたサイズ感のパジャマで通気性をよく

袖口や裾廻りの大きいデザインだと通気性がよいため、熱がこもりません。熱は逃がして、体は冷やさないようにこころがけましょう。
つくるパジャマでは、XSの小さいサイズから2L、3L、4L、5Lまでの大きいサイズまで全てのパジャマでご用意。
さらに袖丈、ズボン丈などを調整できる簡単セミオーダーメイドのサービスもありますので、自分の好みのサイズ感にすることができます。

4. かるふわガーゼパジャマ

夏のかるふわガーゼレディースパジャマ

夏のかるふわガーゼメンズパジャマ

夏にダントツ人気No.1のガーゼパジャマ

「涼しさ」★★★★★
「べたつかなさ」★☆☆☆☆
「吸水性」★★★★☆
「軽さ」★★★★★
「柔らかさ」★★★★★
こちらのパジャマの特徴は、

  • 抜群の通気性で蒸れずに涼しい
  • 驚くほどの軽さ(一般的なパジャマの約半分の重量)
  • 和晒製法ならではの柔らかさ
  • 綿100%ガーゼだから優れた吸湿性、吸水性

「涼しさ」「吸水性」「軽さ」「柔らかさ」の4つを兼ね備えているのが、1重ガーゼパジャマです。
当店でもダントツ人気のパジャマですが、ただ、汗をじわじわかくと、肌にはりついてしまい、パタパタとしたくなるのが難点です。

5. 近江ちぢみ麻パジャマ

近江ちぢみ半袖麻パジャマ

近江ちぢみ麻作務衣

べたつかなさNo.1の人気の麻パジャマ

「涼しさ」★★★★☆
「べたつかなさ」★★★★★
「吸水性」★★★★☆
「軽さ」★★★☆☆
「柔らかさ」★★☆☆☆
こちらのパジャマの特徴は、

  • 麻の中でも細い糸を使い軽くて涼しい
  • 近江ちぢみならではのべたつかなさ
  • 麻特有の抜群の吸放湿性で蒸れない

人気の1重ガーゼのはりつくデメリットに対して、べたつかない素材としてオススメなのが、「涼しさ」「べたつかなさ」「吸水性」の3つを兼ね備えているのが、新登場の近江ちぢみ麻100%のパジャマです。
近江ちぢみならではのシボ加工でべたつかなくてシャリ感が夏を感じます。また、麻の接触冷感もありヒンヤリ気持ちいい!
見た目も先染シャンブレーで光沢も美しく高級感たっぷり!
ただ、ラミー麻ならではのチクチク感が苦手という方もいらっしゃるんですね。(このシャリ感がべたつかなさを生むので、メリット=デメリットみたいになってしまうのですが…)

6. やわらかるいリネンパジャマ

やわらかるいリネンレディースパジャマ

やわらかるいリネンメンズパジャマ

べたつきにくくも柔らかな肌触りのリネンパジャマ

「涼しさ」★★★★☆
「べたつかなさ」★★★★☆
「吸水性」★★★★☆
「軽さ」★★★☆☆
「柔らかさ」★★★☆☆
こちらのパジャマの特徴は、

  • 麻ならではの接触冷感でひんやり心地よさ
  • 麻ならではのシャリ感でべたつかない爽やかさ
  • クールクラッシュ加工で麻とは思えない柔らかさ
  • 60番手糸を使用し、麻とは思えない軽さ
  • 麻は天然素材の中で最も優れた吸放湿性、吸水性

高価ですが、とにかく機能性抜群のリネン。
フランス産リネン麻100%を使用しており、ラミー麻に比べ、もともとリネン麻はチクチク感が少ないのですが、こちらのやわらかるいリネンは60番手という細い糸を使用し、さらにクールクラッシュ加工という生地を水洗いしながらもみほぐす加工をしているため、特別柔らかになっています。
当店でも1重ガーゼの次に人気のパジャマです。

7. さらっと爽やかサッカーパジャマ

先染めサッカーストライプレディースパジャマ

先染めサッカーストライプメンズパジャマ

綿100%で「べたつかなさ」を求められる方におすすめ

「涼しさ」★★★☆☆
「べたつかなさ」★★★★☆
「吸水性」★★★☆☆
「軽さ」★★★☆☆
「柔らかさ」★★★☆☆

  • ポコポコした生地表面でサラっと気持ちいい
  • 播州織の先染めストライプで見た目も爽やか
  • 綿100%で蒸れずに快適

夏といえば、サッカー素材!
シャリ感のある麻素材ではなく、綿100%で「べたつかなさ」を求められる方におすすめなのがこちらです。
麻の近江ちぢみに対して、綿のサッカーや楊柳などが夏素材として有名ですよね。
柔らかさ、肌触りは好みで個人差があると思いますが、麻のチクチク感は苦手だけど、べたつかないシャリ感を綿100%で求められる方におすすめです。
播州織ならではの、先染ストライプがおしゃれな1枚です。

8. エアリーリップルパジャマ

エアリーリップル夏パジャマ

エアリーリップル長袖パジャマ

べたつかず、ふわっと軽やかな着心地

「涼しさ」★★★★☆
「べたつかなさ」★★★☆☆
「吸水性」★★★☆☆
「軽さ」★★★★★
「柔らかさ」★★★★☆

  • ふわっと凹凸のある生地表面でべたつかない
  • 80番手糸ローンで柔らかく、軽い
  • 綿100%で蒸れずに快適

ガーゼのような柔らかさとふんわりした肌触りではないですが、薄手で柔らかくサラっとした肌触りです。べたつかない重視のシャリ感が苦手な方におすすめです。

夏パジャマに関する、よくあるご質問をまとめております

1. 夏向けの薄い生地は透けないの?

どうしても涼しい素材は薄手になりがちで、その分やはり透けやすくなります。ただ、濃い目のお色を選んでいただくとだいぶ透け感は軽減されますが、光の当たり具合などでどうしても透け感がでることはります。事前に生地サンプルをお取り寄せいただき、実際に透け感や色味、厚みなどをご確認いただくことをおすすめいたします。また女性には胸元の透け感が目立ちにくい、胸元タックのデザインのパジャマもございます。

2. エアコンのきいた部屋だと涼しいパジャマは寒くない?

個人差はございますが、エアコンのきいた部屋で1重ガーゼパジャマをご着用されても快適にお過ごしいただけるかと思いますが、とにかく暑がりな方以外は関節を冷やさない長袖や七分袖などのデザインをお選びいただくことをおすすめいたします。

3. ガーゼと麻で悩んでいるけどどっちがいいの?

夏といえば、麻、リネンというイメージの方が多く、確かにべたつかず、蒸れず、涼しく快適にご着用いただけますが、肌触りにシャリ感を感じられて、好き嫌いがはっきり分かれる素材でもあります。そして麻は高価になりがちです。綿ガーゼは麻より安価で、涼しく柔らかく肌触りが良いですが、逆にはりつき感もあります。好みにはなりますが、シャリ感が気になられない方であれば麻、はりつき感よりも肌触りを気にされる方であればガーゼをおすすめいたします。

4. 夏はどれくらいの頻度で洗濯すればいいの?

1晩ご着用されたら必ずお洗濯されることをおすすめいたします。夏場はパジャマに汗や皮脂汚れが一年で一番付着しやすく、汚れが付着したまま長時間放置することで生地の劣化を著しく早め、細菌発生などで肌荒れの原因にもなります。冬場などは2~3日、一週間に一度のお洗濯でも夏場ほどの問題はありませんが、基本的にはパジャマは下着同様、1晩でお洗濯されることをおすすめいたします。

5. パジャマはいっぱい洗濯しても耐久性問題ないの?

汗や皮脂汚れが付着したまま放置することは生地の劣化につながるので、必ず洗濯する必要がありますが、やはりパジャマは洗濯回数に比例して劣化していきます。ですので、1シーズンで2~3枚は洗い替えをご用意され、毎日洗濯しながらローテーションでご着用されることで、お手入れ方法によって差はありますが、比較的長くお使いいただけるかと思います。

関連記事はこちら