無題ドキュメント

つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > バスローブの選び方とおすすめの素材

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

バスローブの選び方とおすすめの素材

高級ホテル等でよく見るバスローブ。
日本人にはあまり馴染みがないかもしれないかもしれませんが、実は私たち日本人にこそ必要なバスローブ!
おすすめの選び方や素材に、その歴史までご紹介いたします。

1.バスローブとは

そもそもローブとは?

ローブとは、「ゆったりとした着丈のある衣類」のことを言いますが、そのデザインのルーツはインド発祥のバニャンという衣服だと考えられています。バニャンはシャツやトラウザーの上から着るガウンの一種で、屋内着として男性の間で着用されていました。またゆったりしたシルエットで着物のような前開きのデザインでした。

このバニャンが18世紀ヨーロッパの知識人や哲学者の間で好んで着用されるようになると、屋内着として着用されていたバニャンは外着用の衣服として人々に浸透していきました。
また当時のヨーロッパでは、シャツは下着の一部として考えられていたため、
人々は楽に羽織れるバニャンを着ることで、さっとお出かけできるようになったんだとか!

バスローブの誕生

バスローブというと濡れた身体を拭く為に、入浴後に使うものと考える方が多いかもしれませんが、その起源は 18世紀頃ローマで蒸し風呂に入浴する際に熱気から身体を保護し、裸を隠すために着ていたローブと言われています。それが次第に入浴後に着るバスローブとして応用されていったと考えられます。

2. 日本発バスローブ?「浴衣」

バスローブは海外のものですが、日本の「浴衣」も昔から湯上りに着る衣類としてバスローブと似た役割をもっていました。その起源は古く、平安時代には「湯帷子(ゆかたびら)」と呼ばれ、蒸し風呂に入る際に熱気から身体を守るために着用されていました。そしてそれが次第に「身拭い」とよばれ、湯上がりに着るものとして浸透していきました。江戸時代になると風呂上りに着てそのまま外出できる浴衣は庶民にも広く知られるようになり、柄も華やかで現在の夏祭りに着るようなオシャレな浴衣へと変わっていきました。

こうしてみるとバスローブと浴衣が同じような経緯で生まれたことがわかりますね! また時代の変化とともにデザインや素材が変わったことで、本来の用途とは違った形でバスローブや浴衣をおしゃれに楽しむ方が多くなりました。

3. バスローブを着用するメリット

バスローブは単にバスタオル代わりになるのではなく、着用することでいろんなメリットがあります!!効能を知ることでおうち時間がより快適に。

正しくクールダウンして湯冷めを防ぐ

入浴後は身体がポカポカで、何回拭いても汗が出るなんてことはありませんか?
これは入浴後の温まった身体から汗が出ているからですが、この状態でパジャマを着ると汗で濡れてしまい、湯冷めの原因となります。

だからこそ湯舟につかる人が多い日本人にはバスローブが特におすすめなのです。芯から温まった身体をバスローブがゆっくりと汗を吸い取りクールダウンしてくれるので、質の良い睡眠へと導きます。

身体をしっかりと保湿して乾燥させない

入浴後私たちのお肌はどんどん水分が奪われ乾燥していきます。
そこでバスローブを着ることで過剰な水分の蒸発を抑え、お肌の保湿のお手伝いをしてくれます。

さらに一緒にお肌のお手入れをすればより効率的に保湿ができるので、入浴後の美容タイムにもバスローブは最適です!

忙しいママのお手伝い

子育て中のママにも、実はバスローブはとってもおすすめなのです!

子どもと一緒にお風呂に入り、いざ出ようしたところからママたちの勝負の時間です。濡れた身体のままでリビングに行かないよう、自分のことは後回しで子どもたちの身体を拭いたり、服を着せたり。そんな時に役立つのがバスローブです。

浴室から出てすぐにバスローブを羽織れば、子供のお世話をしているうちに濡れた身体を拭いてくれます。あとは落ち着いたころにパジャマに着替えるだけです。

またママだけでなく子どもにバスローブを着せることもすごくおすすめです。子供たちが元気に身体を動かせば動かすほどバスローブが身体を拭いてくれるのです!フード付きのバスローブなら、一緒に髪も拭いてくれます。

 

 

4. バスローブの選び方 ~サイズ編~

買ってみたいけど、バスローブ普段使わないのでサイズ選びはどうすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。サイズ選びの際にきをつけるべきポイントをご紹介しておりますのでご覧くださいませ。

着丈

バスローブは本来、濡れた身体を拭くものなので着丈が短すぎてしまっては、全身を包み込むことはできません。かといって長すぎる引きずったり転倒のリスクがあります。最も理想的なサイズ感は、着丈が膝下から踝までのサイズ感で選んでみましょう。

袖丈

着丈が決まったら次は袖丈のサイズを見てみましょう。

入浴後のスキンケアやドライヤーなどのお手入れの際に、邪魔にならないよう少し手首にかかる程度の袖丈が理想的です。

5. バスローブの選び方 ~素材編~

一口にバスローブといっても、その種類は意外と豊富なのです。自分の着用シーンに合わせて適切な素材を選んでみてください。

定番のタオル地バスローブでしっかり吸水

まず最も一般的な生地がタオル(パイル)地です。お風呂上りの濡れた身体を拭くのには最も適した素材で、バスタオルの代わりとしてお使いいただけます。

吸水性やふわふわの肌触りのものを選ぶとより快適にお使いいただけます。吸水性を重視しているためやや厚手の生地のものが多いため、着用する際は軽く体の水分を拭いてから着用されると、バスタオルが濡れすぎず快適に過ごしていただけるかと思います。

お肌が敏感な方にはガーゼ生地

お肌が敏感な方の中には、衣類との摩擦で痒みが出たりして悩まれている方もいらっしゃるかと思います。しかしバスローブならパジャマよりも締め付けが少ないので、お肌にあたる面積を少なくすることができます。

またパジャマやルームウェアの上から羽織りたい方にもタオル地に比べ軽量で、通気性・速乾性に優れているガーゼ生地は大変おすすめです!

当店のガーゼ生地は伝統の和晒製法ダブルガーゼで、ふわっと柔らかな肌触りで使い込むほどに肌に馴染んでいきます。2枚のガーゼ間に空気層ができ、ほどよい保温性があり夏はサラっと爽やかに、春秋もフワっとぬくもりを感じて頂ける年中使えるダブルガーゼです。

冬場は断然フリース素材

冬場は寒くてタオル地やガーゼ生地では保温性が気になる方には、フリース素材がおすすめです!吸水性や速乾性は他の素材に比べると劣りますが、抜群の保温性で冬場でも着用していただけます。

6. 正しい着用方法

襟合わせは女性が「左前」、男性が「右前」

日本の浴衣・着物は男女ともに、左襟が上になる「右前」ですが、バスローブは洋装ですので、男女で着方が違います。女性は左襟を下にする「左前」、男性はその逆の「右前」が正しい着用方法ですが、自分の着用しやすい方で着ることがリラックスするためには重要です!またつくるパジャマのバスローブは左右対称のデザインなので「右前」「左前」どちらでも着用していただけます。

またベルトの結び方も、リボン結びや方結びなどご自身の好みで結んでみてください。ガウンとして着用する場合はベルトは結ばずに前を開けて着ると高級感があります。

7. おすすめのバスローブ

サラふわ !両面パイルニットバスローブ

他社のパイル製バスローブより約20%も軽く、さらに一般的なパイル製バスローブは肌にあたる裏面はツルっとしたものが多いのですが、弊社のバスローブは両面パイル素材なのでより快適に着用していただけます。またニットなので伸縮性もありリラックス感が抜群です。

着用される際は濡れた状態ではなく、身体を軽く拭いてから着用していただくことをおすすめしております。

  • 両面パイルで裏表どちらも素肌に優しい
  • 一般的なパイル製バスローブでより20%軽量
  • ニットの伸縮性でリラックス
  • 高級感あるかわいいパイピング

ゆとりのあるデザインとサラふわの肌触り、また伸縮性があり軽いので 、一日中着ていられます。 部屋着・パジャマの上にさっと羽織るだけでも、おうち時間を格上げしてくれます。

    • 岩本悠資
    • 1983年10月・京都生まれ
    • 同志社大学・経済学部卒。上級睡眠健康指導士。
    • 寝装品メーカー「岩本繊維株式会社」に入社後、心地よい肌触りで快眠できるパジャマに最適な素材を日々研究中。
    • 2017年11月にオーダーパジャマ専門店「つくるパジャマ」を開店
    • 趣味
    寝ること、育児、音楽鑑賞、お酒

関連記事はこちら