無題ドキュメント

つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > 女性がメンズパジャマの大きいサイズを着るポイント

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

女性がメンズパジャマの大きいサイズを着るポイント

当店では女性のかたがメンズパジャマの大きいサイズ、2L、3Lを購入されることがけっこうな頻度であります。「女性用の大きいサイズのパジャマでは合わなかった」「夫婦で兼用で使うから」「気に入ったデザインがメンズのものしかなかった」など、色々な理由がありますが、今回は女性の方がメンズパジャマの大きいサイズを購入されるときに当店がおすすめしているサービスをご紹介します。

 

 

1.ボタンの打合せを女性用に変更できます

前開きタイプの場合、右を上になるようにできます

前開きのメンズパジャマは通常、ボタンを留めた状態だと左身頃が上になりますが、女性は通常、右身頃が上になります。ご購入の際、通信欄に「ボタンの打合せはレディース用に」とご記載いただければ無料で対応させていただきます。かぶりなどのボタンがないタイプでしたら、とくに仕様を変更しなくても男女兼用でお使いいただけます。

2. ズボンの前立てをつけないようにできます

いわゆる「社会の窓」を取ることができます

当店のメンズパジャマのズボンには基本的に前立て(社会の窓)が付いています。こちらもご購入の際、通信欄に「ズボンの前立ては無し」とご記載いただければ無料で対応させていただきます。

3. 袖丈、ズボン丈を女性用に変更できます

低身長な女性用に丈を短くできます

メンズパジャマはLから2L、3L、4L、5Lとサイズが大きくなると、バストやヒップが大きくなると同時に、袖丈や着丈、ズボン丈も長くなってしまいます。女性の方でお腹まわりや、バストなどが女性サイズでは窮屈だから、男性の大きいサイズを選ばれると、袖丈やズボン丈が長くなりすぎてしまいます。つくるパジャマの500円(税別)で丈を調整するサービスをぜひご利用ください。

4.まとめ

お手軽にメンズパジャマを女性用デザインにできるのでぜひご利用ください

つくるパジャマではレディースパジャマもメンズパジャマもそれぞれXS~5Lまで取り揃えていますが、女性でよりゆったりしたサイズをお求めの方はメンズパジャマをご着用いただくことも可能です。メンズとレディースのデザインの一番大きな違いはボタンの打合せとズボンに前立てが付くか付かないかです。通信欄に「ボタンの打合せはレディース用に、ズボンの前立ては無し」とご記入いただければ簡単にレディースデザインにできますので、ぜひご利用ください。

関連記事はこちら