つくるパジャマ > パジャマペディア > パジャマの選び方ナビ > 作務衣と甚平の違いとは?特徴とおすすめ商品をご紹介!

パジャマペディア

繊維、生地などの素材のこと。睡眠、健康のお話までパジャマ、睡眠百科事典です。

作務衣と甚平の違いとは?特徴とおすすめ商品をご紹介!

近年、若者や女性にも人気の作務衣と、夏の装いの定番・甚平の違いをご紹介!ホームウェアやパジャマとしても人気が高まってきている作務衣と甚平ですが、どちらを選ぼうかお悩みの方やお買い物の参考にしていただけますと幸いです。

1.作務衣(さむえ)とは

作務衣と書いて「さむえ/さむい」と読みます

本来は禅僧の僧侶が着るもの全般が作務衣と呼ばれ、特定の形が決まっているわけではありませんでした。ただ現在では作務衣のデザインは前合わせで紐が付いたものが主流になっています。もともと作業着として着られていたこともあり体が動かしやすく、ゆとりのあるサイズ感なので肌寒い日には羽織としてお使いいただくこともできます!内紐と外紐で自由にサイズ調整できて脱ぎ着もラクチンなので、日々おなかのサイズが変わる妊婦さんや入院用のパジャマとしてもおすすめです!

また、近年では作業着としてだけでなくパジャマやルームウェア用に作務衣を選ぶ若者や女性も多く、デザインも洗練されたおしゃれな作務衣はファッションの一部として普段着にされる方もいます。

甚平 女性や若者にも人気!
作務衣の特徴とおすすめ10選

作業着としてだけじゃない!その快適さからパジャマやルームウェアに作務衣を着る人も増えています!作務衣の特徴やデザイン、おすすめの素材を一気にご紹介します!

作務衣の商品一覧はこちら ▶

2. 甚平とは

夏の装いの定番、甚平とは?

甚平と聞くと夏祭りをイメージされる方も多いのではないでしょうか。実際に夏祭りなどではたくさんの男性や子供が甚平を着る姿を見ます。しかしもともとは、陣羽織の真似をして作られた甚兵衛羽織という下級武士向けの羽織を着物仕立てにして、日常着にした「甚兵衛(じんべえ)」が由来とされています。
甚平のデザインは半袖、半ズボンであること、そして肩の部分がタコ紐で縫われているのが特徴です。特に肩部分に風通しを考えてそのような仕様になっており、暑い夏の日でも快適に過ごすことができるように工夫されています。

甚平 夏の装いの定番!
おしゃれな甚平で夏も快適に!

日本の夏のリラックスウェアとして幅広い世代に親しまれる甚平。その特徴やデザイン、甚平におすすめの素材などをご紹介します!

甚平について詳しくはこちら ▶

3. 作務衣と甚平の違い

作務衣と甚平をこうして比較してみると生まれた背景が全く異なることが分かりますが、その他にはどんな違いがあるのでしょうか。

デザインの違い

作務衣は長袖長ズボン、もしくは七分丈程度のものが多いのですが、甚平は半袖半ズボンで夏に着ても涼しく過ごせるような丈感になっています。また、甚平のような肩紐が作務衣にはないため、夏場以外でも着ていただけます。また、あくまで室内着を目的とした甚平に比べ、作務衣は作業をすることを前提としているので、袖やズボン裾にゴムが入っていたり、紐が通せるような仕様になっていることが多いです。

作務衣と甚平の違い

着用時期の違い

通年着ることができる作務衣は、季節によって暖かい素材や涼しい素材を選ぶことで快適に着用していただけます。一方で甚平は夏場に着るものなので、素材も涼しいもので作られることが多く秋冬には不向きと言えるでしょう。

4. 作務衣の選び方とおすすめ

作務衣はこんな方におすすめ!

お家でお仕事や趣味をすることが多い方や、和装が好きな方、リラックス感のある部屋着をお探しの方など、幅広い方に作務衣はおすすめです!また、脱ぎ着が楽で動きやすいデザインなので、パジャマ代わりに作務衣を着たいという方にもおすすめ!着物のような上品な雰囲気もあるのでパジャマ感が少ないのも嬉しいポイントです!
掃除

裾ゴム・裾紐はお好みで

作務衣をパジャマとしてだけでなく部屋着と兼用したい方は、オプションをご利用いただくことで、ズボン裾口や上着袖口にゴムや紐を入れるカスタムができます!また他にも袖丈を変えたり、着丈を調整すること等もできるので自分にピッタリの作務衣がきっと見つかります!

素材を替えてオールシーズン楽しむ作務衣

つくるパジャマの作務衣なら沢山の種類の生地の中からお選びいただけます。春秋にはほど良い保温性や通気性に優れた綿100%務衣、夏場ならリネンやラミーなどの麻の作務衣、冬場には裏起毛スウェットなどのあったか作務衣などがございます。他にもストレッチ性の高い作務衣など、用途やお好みに合わせて自分だけの作務衣をお選びいただけます!

  • 春秋のおすすめ作務衣:ダブルガーゼ作務衣

優れた通気性とふわふわの優しい肌触りで大人気の和晒ダブルガーゼ作務衣!手間暇かけた伝統の和晒製法で仕上げた生地は使い込むほどに素肌に馴染むように心地よい着心地に!室温調整いただくことでオールシーズンお使いいただける作務衣です!


  • 夏のおすすめ作務衣:近江ちぢみ麻作務衣

触れるたびひんやり涼しい!シャリ感抜群の近江ちぢみ麻作務衣。生地表面の独特なシボ感が清涼感があり夏の作務衣スタイルにピッタリです!また、吸水性、発散性に優れているので汗をかいてもべたつきにくく快適にお過ごしいただけます!


  • 冬のおすすめ作務衣:3重ガーゼ作務衣

抜群の保温力とふんわり柔らかな着心地で暖かい3重ガーゼ作務衣。綿100%の作務衣だから暖かいのに蒸れにくく快適にお過ごしいただけます!和の雰囲気を感じるシックなカラーは、上品な作務衣スタイルにおすすめです!


  • ストレッチの効いた春秋用作務衣:両面パイルニット作務衣

さらさらでソフトな肌触りの両面パイルニット作務衣。汗をよく吸ってべたつきにくく、ニット素材だから伸縮性抜群でからだの動きを妨げず寝返りも作業も快適!マタニティパジャマや入院パジャマにもおすすめの一着です!


  • ストレッチの効いた冬用作務衣:スムースニット作務衣

保湿力のあるしっとり柔らかな着心地のスムースニット作務衣のご紹介!冬の敏感肌を優しく包み込むようなもっちり触感の生地は一度着たら病みつきに!リラックス感抜群の冬用作務衣をお探しの方におすすめです!


作務衣専用の下着と合わせて普段着に

ファッションの一部として作務衣を外出時にも着用したいという方には、作務衣用下着と合わせた作務衣コーデがおすすめです!作務衣と下着でお色を変えるとワンランク上の作務衣スタイルの完成です!

  • コーディネートを格上げ!作務衣用下着

作務衣の下に着てコーディネートできる作務衣用下着をご紹介!普段着として作務衣を着たい方や、今ある作務衣に重ね着して長いシーズン着たい方などにおすすめです!


5. 甚平の選び方とおすすめ

こんな方に甚平はおすすめです!

夏の外出着兼ルームウェアをお探しの方や、涼しいパジャマをお探しの方に甚平はおすすめです!Tシャツと短パンで過ごすという方でも、作務衣とは異なり季節感の強い甚平だからこそ、夏のファッションに取り入れてみるのもいいかもしれません。

涼しい素材選びが大切

暑い時期に着る甚平だからこそ、生地の通気性や吸水性といった機能面も大切です。汗の量が増える夏場は暑い空気をため込まず、汗を吸収し放出してくれる素材がおすすめです!

シャリ感抜群!べたつかずサラサラ触感ならリネンやラミーの甚平

特に汗によるべたつきが気になる方には優れた吸水性とひんやりとした生地感の麻素材の甚平がおすすめです!ただ、すこしシャリ感が強く、敏感肌の方だとお肌に合わないこともあるので選ぶ際には事前に生地感をチェックしましょう!

  • 抜群のシャリ感!近江ちぢみ麻甚平

独特な生地のシボ加工が特徴的な近江ちぢみ麻甚平。触れるとひんやり、シャリ感の強い生地はべたつきがきなる夏場にピッタリです。汗っかきの人にもおすすめの甚平です!


  • チクチク感が少ない!柔らかリネン甚平

麻特有のチクチク感が苦手な方にもおすすめの柔らかい肌触りのフランスリネンを使用。また、軽量性にも優れているので夏場でも軽やかな着心地で快適です!

麻のチクチクが苦手!でも涼しくて通気性抜群な甚平なら綿100%がおすすめ!

涼しさも大切だけど麻のチクチク感が苦手。そんな方には優しい肌触りの綿100%の甚平がおすすめです!さらに、綿100%の甚平なら吸水性と通気性も抜群なので汗をかいてもすぐに乾いて快適です。


  • 超軽量!通気性抜群!1重ガーゼ甚平

真夏も超涼しく軽~い1重ガーゼ甚平のご紹介!綿100%のガーゼ生地で通気性抜群だから、汗をかいてもすぐに乾いてさらっと涼感!風を通るのを感じる涼しい着心地の甚平です。

関連記事はこちら